【2020】第55回|理学療法士国家試験対策!

>>>勉強の仕方や合格の秘訣はこちらへ⇒

【転職/就職】仕事の不安にアプローチします!>

>>>理学療法士の残業ゼロ生活>>>

PT/OT人材バンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

2019.1.24:加筆・修正

 

 

看護師の国家試験の話です。

 

とはいえ、私は理学療法士ですので、看護試験のことはよく分かりません。



しかし【看護実習必見】看護学生がリハ見学する理由と見るべきポイント!でのアクセスが多いことから、看護学生も多くこのブログを見に来ていることを実感しています。

 

 



そこで、今回も看護師の国家試験対策について、記事を現役看護師であるkana(@Noa_mama0511さんに寄稿して頂く運びとなりました。

 

 

 

現役看護師がどのような勉強をして、どのような方法で試験を乗り越えたのか?

 

【第108回】看護師国家試験の結果へ>>>合格率の予想あり【第108回:看護師国家試験の解答速報!】解答だけを答え合わせ(解説なし)

 

 

 

現役看護師kanaが嫌いな勉強を克服し国家試験に受かり看護師になるまでの軌跡

 

 

 

私はハッキリ言って勉強が大嫌いです。


学校の試験は前日に徹夜して、朝マックに友達と集合し詰め込んで、忘れないうちに急いで答えを書き出す。

再試になっても、同じテストだったらラッキーだなぁーと考えるくらい再試の常連組でした。

 

 

関連記事>>>良い勉強法を知る為に、うまく勉強が出来ない人の特徴を知ろう

 


 

看護師が学ばなければいけない領域は、とても幅が広く、得意な分野もあれば、興味もわかない分野もあるし、そんなの人それぞれあって当たり前!



しかし、国家試験はまんべんなく網羅していないと点数を取ることができません。

 

なのに、看護学生は、実習の期間も長く、私の学校も5月から11月まで実習期間でした。

 

 

 


 

国試に向けて…11月が過ぎ。焦る時期が近づいてくる。本気を出すなら12月!


 

私が本気で国試対策に焦りだしたのは、実習が終わってからの12月近くなってから。



でも12月は誕生日やクリスマス、年末、正月と楽しい行事も盛りだくさんで忙しい!!

でも逆に就職したら遊べないんじゃない?!と思っていました。

 

 



実習が終わると、学校ではすっかり国試モード。

 

毎日過去問や予想問題を解きます。

 

 

 

初めは、必修で点数足りてないし、D判定ばかり。C判定で喜んでるくらいのレベルでした。

 

 

 

 

看護学生kanaが厳選!2019国試対策に役立つ問題集とは?

 

そろそろ本腰入れて勉強しなければならない時期になりました。

 

学校の教科書だけでは国家試験に対応できないため、国試対策の参考書は必須ですよね!

 

そこで、私が実際に使用した参考書を挙げます。

 

 

もちろん、全部使って良かった!っという訳でもないので、レビューも少し書いてみます。

 

 

 

■参考書1:看護師・看護学生のためのレビューブック 2019

 

私がまずとりあえず購入したのは、やっぱりみなさんお馴染みのレビューブック

 

 

 

 

 

【Kana‐point!】

 

-いいところ-
さすが、何年も有名な本だけあった、過去問と解いていくのに必要なことは大抵載っています。

内容も充実!

 

 

-ダメなところ-

ホントに理解したいときには内容が薄い!そのため、他のテキストで調べて追記をする必要がある。

小さくて厚い。小さいから追記がしにくい!

 

私としては使いにくい!

 

 

 

 

参考書2:でた!でた問 103~107回試験問題 看護師国家試験 高正答率過去問題集

 

 


そして、学校でオススメされ、これ1冊やってれば他になにもやらなくていい!


と全員購入させられたのが

 


 

 

という、過去5年間で、正答率が70%以上だった問題ばかりを集めたというもの。

 

 

 

【kana‐point!】

 

-いいところ-

正答率が70%以上なのでみんなが取れている問題を落とす事がなくなること。
確かに、みんながとれてる問題を自分が落とすのはもったいないですよね。

また、他の問題集に比べてかなり安いのも特徴!(1500円程度。他の問題集は3000円以上!)

入門編に持ってこいですね!

 

 

-だめなところ‐
しかしこちらも、小さくてぶ厚い。重い。

そして、同じ問題が繰り返し出てきたりします。
一応言われた通り、何回かはイヤイヤやった気がしますが、イヤイヤでした。


とにかく、使いにくいとやる気が出ません。

 

 

 

 

 

 


次に私は、大きいサイズの見やすい過去問題集を購入しました。

 

 

 

  • 必修だけでまとまっている
  • 疾病ごとにまとめられている
  • 対策ごとにまとめられている


など色々なものが販売されていると思いますが、私が選んだのは、単純に第98回〜103回くらいが回ごとになってるやつでした。

 


 

【kana‐point!】


単純が一番いいんですよね!


 

 

 

国試対策の参考書は自分のお気に入りで使いやすいものを選びましょう!

 

それをひたすら解きはじめ、自分のニガテな部分がなんとなくわかってきたときに、今度は

 



2018年要点がわかる出題傾向がみえる必修問題 (看護師国家試験対策)

 


2019年出題傾向がみえる精神看護学 (中項目にみた要点と解説付過去問題集)

 

 

 

 

 

 


と言うものを購入

 

 

 

【kana‐piont!】
 

-いいところ-

レビューブックが何冊かに分かれたみたいな感じです。

分割されているので内容がレビューよりも深い!しかもサイズも大きいので追記もしやすいんです!

 

 

-だめなところ-

1冊1冊は薄いけど、全部を揃えたら結局すごい量になってしまうトコ。

でも自分の苦手な分野のみにしたり、工夫をすれば大丈夫!


 

 

こちらを選んだ理由は表紙がかわいかったのと、大きくて見やすくて書き込みやすい。

 

 



私はこれにまずインデックスを付けて、見たいページをすぐ見つけられるようにしました。


 


 

 

それもかわいくて、やる気が出るやつ。

 

 


 


 

そして、

 

 

  • 過去問を解く
  • 間違えた箇所を確認するために関連ページを開く
  • 一度でも間違えたページにはさらに付箋を付けていく
  • 自分の手書きで書き加える


 

 

そして、何回間違えて開いたか正の字も付けていきました。

 

 

 

 

看護学生が看護師国家試験に向けた勉強法と暗記の方法

 


あとどうしても暗記しなくてはいけないものは、インパクトのあるイラストを自分で書いて、ポケットサイズにコピーし、ソフトケースに入れていつもポケットに入れていました。

 


 

 

 

インパクトのあるイラストや、自分の経験で印象に残ってることに当てはめたりして、脳の機能を覚えました。

 

 


 

 

【kana‐point!】


他にも、私は数字を覚えるのが大の苦手だったので、例えば男性のバルンカテーテルの挿入長さは、友達の彼氏の名前を平仮名で書いた画数。

 

15画だったので、15が入ってるやつを選ぶとか工夫(?)をしていました。

 


 

インパクトや、経験から記憶に残ると言うのはこの記事にも書いてあるので参照に。

 

 

 

 

 

看護学生に送る、国家試験の勉強の方法とは?勉強は一人でやるものじゃない!

 

私の場合友人にとても恵まれており、いつも1人ではなく友人と一緒に勉強していました。

変な身振り手振りを付けて体を使って笑いながら暗記をしたり、〇〇ちゃんといえば、心不全担当だよね!
などと、なんとなく担当が決まっていました。

 



私はお勉強はキライでしたが、実習での患者様への愛は負けていない自信があったので、
受け持たせていただいた患者様の疾患は丁寧に学んだり



手書きのパンフレットなどを作成するのが大好きだった為、そこで覚えていたことを友人同士で、アウトプットし合いました。


 


 

友人が教えてくれたことなども印象に残りやすかったし、先生にはなかなか突っ込んで聞けないことも友人同士だと、しつこく突っ込むことができます。

また、友人に一生懸命伝えたいあまり、再度自分も確認を行ったりする機会にもなりました。

 

 

 

その頃にはご飯中も、帰り道もひたすら問題のだしあいっこ、会話も国試問題にからめておしゃべりをしていました。

実習を丁寧に行わずなんとなく終了してしまった方でも、得意な分野は必ずあるはずなのでぜひ試して見てください!

 


 

 

勉強で記憶が最も苦手な方へ、元看護学生からアドバイス

 

それでも、どーしても覚えられないものをピックアップし、紙に書きトイレに貼る!
一読するまでトイレから出ない!!などのルールも作りました。



最後の半月には、

 

 

完全にこの問題出たら捨てるわ!!これ捨てても残りでカバーできる!

 

 

とまで開き直る余裕ができてきたので、捨てる覚悟も大事です。

 

 

関連記事>>>看護師国家試験まであと僅か!1か月前の看護学生の過ごし方とは?

 

最後の方はアプリなども利用し、ひたすら暇さえあれば常に過去問をやり続けました。



私は最後の最後まで、過去問ではない東京アカデミーの模試や予想問題はC判定か、よくてもB判定くらいだったと思います。

 

 

 

国試の前日にやること!最後の追い込みをしよう!

 

そして、前日の夜に最終確認することを紙にピックアップし、そこだけをさらーっと見る。

 

 



 

私は友人と前泊していたので、試験前日に会場に乗り込み場所を確認して、一度席にすわってみたりしました。
 


それだけでも、当日いきなり行くのとでは緊張感が違うと思います。
そして夜は居酒屋に飲みに行っていました。

 


 

そして、早めにお布団に入り、今まで1年生の時から受け持たせていただいた患者様一人一人を全員思い出す。

〇〇さんありがとう。
〇〇さんありがとう。と。


思い出そうとしなくても、自然と力になってくれるのです。



ここで、自分が看護師にならなかったら、患者さんたちが経験させてくれた大切な時間が無駄になる!!と自分を奮い立たせて。

 

あとは、一緒に頑張ってきて支えてくれたお友達みんなありがとう。

今まで背中を押してくれた先輩たち指導者さんたちありがとう。

 

 

 

看護学生から看護師に…看護師になってから私が学び始めたこと

 

『引き寄せの法則』と言うのがあります。

最近学び始めたけど、
当時の私は自然とこれができていたように感じます。

 


落ちたらどうしよう。
落ちるんじゃないか。

イメージしないでください。

 



落ちませんように!もだめです。
落ちませんように!は落ちないように願いながらも、一瞬心のイメージの中で落ちた自分が出てきませんか?


必ず完了系で、看護師になった自分を心から楽しみながらイメージして、

私は4月から看護師です!!!と言い切るとか、親戚や昔の友人などに看護師になったよー!!毎日充実しているよ!などと報告している自分をイメージしてください。

 

 


 

関連記事>>>看護師国家試験の息抜きとモチベーションアップの為に、看護師になった時に揃えたいものを考えよう!
 


少しでもネガティヴなことを考えてしまったら、キャンセルキャンセルと思いましょう。

 

 

 

 

さいごに:学生さんは自分を信じて試験に臨もう!そのために目いっぱい勉強しよう!

 

自分の最高の応援団は自分です。自分を信じる。が自信になります。

 

引き寄せの法則については、みなさんも看護師になってゆとりができてからぜひ思い出してみてください!

 

 

 


私は勉強を始めるのがおそくて、こんなにできない自分にも悲しくなりながらたくさん後悔してきました。



今はとても辛い時だと思いますが、国試が終わったあとの、爽快感と達成感は他には経験できない気持ちでいっぱいでした。

 


 

国家試験の結果発表!看護師になれました!

 

 

結果、必修問題49点、一般問題210点取れていました。

そして、一緒に乗り越えてきた看護学校のお友達は、なによりの理解者であり今でも仲良しです。

 

 

 

 


看護師のお仕事はとっても楽しいやりがいのあるお仕事です!

 

 


たくさんの患者様が、みなさんのことを待ってますよ(^^)
もちろん、わたしたちも待ってます(^^)


 

看護師になりたいと志し、今まで乗り越えてきたあなたなら、大丈夫。

あと少しです(^^)体調には気をつけながら頑張りましょう!!!

 

 

 

 

 

〜追記:看護試験の日時・試験内容について〜

 

2019年(108回)看護師国家試験はいつ?日程とその詳細。

 

平成31年2月17日(日曜日)

 

です。

 

詳しくは厚生労働省HP/看護師国家試験の施行をご確認ください。

 

 

 

看護師国家試験の難易度は?合格率について

 

 

年号/受験者数/合格率

 

平成29年/62534人/88.5%

平成28年/62154人/89.4%

平成27年/60947人/90.0%

 

 

です。概ね90%前後で推移していますが、毎年5000人以上が涙をのんでいます。

 

 

 

看護試験に合格するボーダーラインについて。合格ラインは何点?

 

  1. 必修問題(50問/各1点/50点満点)
  2. 一般問題(130問/各1点/130点満点)
  3. 状況設定問題(60問/各2点/120点満点)

合計300点満点である。

 

 

そのうち

  1. 必修問題で80%以上(40点以上)
  2. 一般問題・状況設定問題である一定の点数以上

 

をクリアしなければなりません。

 

 

一般問題・状況設定問題はその年によって合格点数が変化します。

 

第105回では151点以上

第104回では159点以上でした。

 

 

その為、必修問題で45点前後、一般/状況設定問題で170点前後取る事が望ましいでしょう。

 

 

次の記事へ >>>看護師国家試験まであと僅か!1か月前の看護学生の過ごし方とは?

 

 

 

【第108回】看護師国家試験の結果へ>>>合格率の予想あり【第108回:看護師国家試験の解答速報!】解答だけを答え合わせ(解説なし)

 

 

 

Comment





   

profilephoto

Profile

PT/OT人材バンク

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

スポンサーリンク

-message-

-compliance-

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    管理人
  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    のの
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ちー
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    管理人
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    のの

Search

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
スマホ版に切り替え