【2020】第55回|理学療法士国家試験対策!

>>>勉強の仕方や合格の秘訣はこちらへ⇒

【転職/就職】仕事の不安にアプローチします!>

>>>理学療法士の残業ゼロ生活>>>

PT/OT人材バンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート



前回は急性期病院への就職についてお話させて頂きました。
 

 

 

最も多く理学療法士が就職するであろう職場が、一般病院です。

一般病院は

 

  • 急性期病院
  • 回復期病院
  • 維持期病院

 

 

の3つに分類されるということは、前回お話した通りです。

その中で、今回は回復期病院について学んでみてください。


 


 

病院は全部一緒だと思って入職したら、イメージと全然違う!


なんてことに成りかねません。

後悔しないよう、情報を集めましょう。

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

 

 

 

回復期リハビリテーションの特徴

 

 

回復期リハは、急性期病院での治療が住み、これから社会復帰、自宅復帰を目指す患者さんが入院してきます。

急性期で生命の危機を脱した方や、急変の恐れが少なくなった患者さんが入院してきますので、比較的安全にリハビリを遂行することができます。

 


しかし、まだ患者さんの中には、自分のケガの程度を把握しきれていなかったり、術創部の痛みがかなり強いまま入院してくる場合があるので、全くのノーリスクかというとそうではありません。



急性期で大事なバイタルチェックのスキルはもちろん、その患者さんを良くする治療スキルの両方を併せ持っていなければ、回復期リハは務まらないでしょう。



回復期リハビリテーションの一番の目的は『在宅復帰』です。
各病院には『在宅復帰率』という目標が掲げられており

 

  1. 自宅
  2. 有料老人ホーム

 

のどちらかに退院させることが大前提となります。

 

  • 他病院
  • 老人保健施設

 

などに退院させると、在宅復帰と認められないので、自宅に帰ること(帰すこと)が大前提となります。



 

回復期リハの患者の特徴

 


回復期に入ってくる患者さんの多くは

 

  • 大腿骨頚部骨折術後
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 大腿骨転子部骨折

 


この4つの疾患が実に9割を占めます。

若い人はほとんどおらず、60歳以上の方がメインとなるでしょう。


入院期間は

 

  • 運動器:60日
  • 脳血管:150日(高次脳機能障害があると+30日)

 

が基本。



急性期病院に比べると比較的長いスパンでの入院となり、治療者としても十分に考え、治療する期間が与えられています。

 

 

 

回復期の病院に就職したい人へ。回復期リハで知っておくべき事

 

 

回復期に就職を目指す人は脳卒中と大腿骨骨折と合併症の勉強は必須



先ほども申し上げましたが、回復期リハ病棟に入ってくる方の9割が脳卒中と骨折です。

この2大疾患の評価・治療を学んでおかなければなりません。



しかも、その患者さんの多くは合併症も併せ持っていることが多いです。

 

  • 高血圧症
  • 糖尿病(DM)
  • 慢性腎疾患
  • 循環器障害(ペースメーカー)
  • 慢性関節リウマチ(RA)
  • 緑内障/白内障
  • 認知症

 


様々な病態に対して、瞬時にリハプログラムを立てて提供する必要があります。



 

回復期リハは評価が重要となる

 


回復期に入ってくる患者さんは、基本的に急性期病院から送られてくるものです。

その時、その病院のスタッフからは『リハビリテーションサマリー/看護サマリー』として、その病院での生活状況や、できる能力が記載された文書が送られてきます。

それに一通り目を通し、介入するのですが、その内容を鵜呑みにしてはいけません。



患者さんは急性期なので、日に日に良くなっています。


 

例えば、その送られてきたサマリーの日付が3日前だったして、回復期病院に来る頃にはそのサマリー内容から自身体機能が向上していることもよくあります。

 


サマリーでは介助て書いてあるけど見守りで出来る…なんてことはしょっちゅうです。

ですので、回復期リハのスタッフは、初期評価を大切にします。



この病院に来た瞬間の評価をし、退院に向けたゴール設定をしなければならないので、評価ができない人は回復期には向かないでしょう。

 

 

 

 

 

回復期では治療以外のことも考えなければならない

 


回復期の大前提として、患者が家に帰らなければならない、ということです。

例えそれが車椅子生活を余儀なくされているとしてもです。


では、少し考えてみてください。

 

 

 

【question!】
歩行困難・車椅子駆動自立・トイレ困難(オムツ内失禁)・入浴はシャワーを介助・食事はおかゆと刻み食の患者さん。

 

 

あなたの家で生活できそですか?
あなたがその患者さんの面倒を見れそうですか?


回復期ではそのようなことを毎回考えていかなければなりません。

車椅子だから家に帰れない。

 

ではなく、車椅子でも家に帰る方法は無いか?という事を考える必要があります。

例えば

 

  • 家の中を整理する
  • コンパクトタイプの車椅子をレンタルする
  • 壁にぶつかっても壁が壊れないように保護シートを張る
  • リフターをつける

 

 

などです。

我々は家に帰る手助けを最大限にしてあげなければならないのです。

 

 

 

 

スポンサー リンク

 

 

回復期リハで必要な知識―惨超コーディネート

 

先ほど、脳卒中と骨折の勉強は必須だよ!という話をしましたが、それに付随して必要な勉強が2つあります。

 

 

  1. 住環境コーディネート
  2. 介護保険

 

住環境コーディネートは、一般的な家屋構造と、高齢者などの生活弱者が生活する上で必要な家屋構造を理解することです。

資格でいえば、住環境コーディネーターという試験があります。

 

【外部リンク】

福祉住環境コーディネーター検定 ※現在は終了しております。次回は2018年です。

 

 

これを学ぶ事で、回復期で患者さんを自宅に帰す為のアイディアがポンポン浮かんできます。

 


例えば

  • 車椅子が方向転換できる広さは?
  • 1mの高さを上がるために必要なスロープの長さは?
  • 室内の明るさは?

というようなことを学びます。

 

 

ちなみに答えは

  • 150cm四方
  • 15m
  • 600ルクス以上

 

詳しく知りたい方はこちらを購入し、読んでみてください。


 


けっこうおもしろいですし、学生の内にこの資格を取ってもよいのではないでしょうか。

 

1級はめたくそ難しいので、3級か2級を持っているだけでも十分です。

 

もちろん、私も3級を持っています。

 

しかし、持っているからといって給料があがったりはしません。

 

 

回復期リハで必要な知識介護保険

 

介護保険は、患者さんのほとんどが介護認定を受けるので、その自治体の介護保険について勉強しておいた方が良いです。


 

【外部リンク】
介護保険|Wikipedia


 

車いすや介護ベッドをレンタルするにも介護保険が必要ですし、その介護認定度によって使用できるサービスや料金も変化します。

患者さんはもちろん、家族もこのような保険のことはあまり知らないので、我々も知っておく必要があります。

患者さんには担当のソーシャルワーカーが付くので、そのワーカーさんに聞けばその道のプロですから、介護保険についてはワーカーさん便りでいいです。

しかし、回復期で働く以上、そのシステムを知っておいたほうが絶対いいですし、介護保険を知らない療法士の信頼性は下がります。

回復期リハで仕事をしたい人は、ぜひ今の内からすこし勉強しておくことをおススメします。

 


 

【介護保険初心者が読みたい本】

 

 

 

【平成30年に向けた介護保険の変化が知りたい人におすすめの書籍】
 

 

回復期病院はコミュニケーションが第一となる!

 

 

回復期病院では、情報の新鮮さが命です。
いつ立ち上がり練習を開始して、今、そのような物を使って歩行練習しているのか。

そして、その情報をなるべく早く他部門に届けなければなりません。



患者さんの生活空間は病院ですが、その病院の中でもADL能力は重要視されます。

いつまで経ってもトイレで用を足す事ができず、おむつの患者さんがいれば、病棟からリハに向かって質問が来ます。

 

 


看護師:『あの患者さんはいつになったらトイレに行けるんですか?今どれくらい歩けるんですか?

できる事なら、病棟からそのように急かされる前に

 

 



リハ:『もう歩けるし、トイレ動作もリハで出来てるから病棟導入はいかがでしょうか。
 


と、リハの方から声を掛けられるといいですよね。



そのように、情報交換は頻繁に行われます。
その相手は

 

  • 医師
  • 看護師
  • 介護士
  • OT
  • ST
  • ソーシャルワーカー(MSW)
  • ケアマネ

 

 

などです。

ですので、治療技術も必要ですが、コミュニケーションスキルも必要。

 

伝えるべき時に伝えるべき事が伝わらないと、自分の信用を落とす所かク患者家族からのクレームの対象になってしまうかもしれませんのでご注意を。

 

 

コミュニケーションスキルを磨くならこちら

 

 

 

回復期病院で働く人の仕事量と給料

 

一般病院では、急性期でも回復期でも維持期でも給料・賞与・勤務時間に大きな差はありません。

こちらの記事に記載してありますので、ご確認ください。


 

【回復期病院で働く人の仕事量と給料まとめ】

 

 

さいごに:回復期病院への転職はすごくおススメ!

 

 

回復期病院の仕事量はかなり多く、治療以外も行っていかなければなりません。

 

  • 治療
  • 計画書
  • 目標設定管理
  • 症状詳記
  • 家屋評価報告
  • カンファレンス
  • 家族指導
  • 病棟連携
  • レンタル物品選択
  • サマリーの作成
  • 他スタッフへの申し送り作成

 

 

これらの業務をこなすのですが、その経験値はかなりのものです。



また、回復期のスタッフは未経験者のみで構成されている事が少なく、最低でも3年目以上のスタッフがかかわっています。

ですので、質問もしやしですし、指導も積極的に受けられます。



ただし、医療改定などで常に法律の変化に対応していかなければならないので、アンテナをしっかり張っておかなければなりませんし、治療以外の勉強もしておかなければなりません。



大変ですが、充実した毎日を過ごせます。



回復期で経験していた人は、その後の転職にも有利です。

訪問リハ、老健などでは比較的高待遇で雇ってもらえると思います。


しかし、急性期リハなどのスピードが求められる現場に転職すると、その流れの差に戸惑うかもしれませんので、注意が必要です。

 

 

その他|仕事の悩み関連の記事を読む>>>仕事の悩み ⇨

 

 

 

スポンサー リンク

 

 

Comment





   

profilephoto

Profile

PT/OT人材バンク

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

スポンサーリンク

-message-

-compliance-

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    管理人
  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    のの
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ちー
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    管理人
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    のの

Search

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
スマホ版に切り替え