【2020】第55回|理学療法士国家試験対策!

>>>勉強の仕方や合格の秘訣はこちらへ⇒

【転職/就職】仕事の不安にアプローチします!>

>>>理学療法士の残業ゼロ生活>>>

PT/OT人材バンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

様々な理学療法評価を実施し、さぁ問題点抽出だ!となったときに気づくことがありませんか?

 

問題点が多すぎるorなさすぎる という問題。

 

もし理学療法評価でこのような数字が出てきたらどうしましょう。

 

『SLR:健側80度、患側60度』

 

これって問題でしょうか?

SLRの参考可動域は90度だから、両側ともそれに届いてないから問題?

それとも、患側のほうが可動域が少ないから患側だけ問題?

いやいや、生活に問題が出ていないので問題ではない?

 

このように悩んでしまう場合、多くは問題点抽出のやり方を理解していないことが原因です。

 

問題点を抽出するには、評価項目を挙げ、その項目の『左右差』や『正常値との差』を見るだけでは問題点抽出としての役割を担えません。

 

評価項目からの問題点の抽出の仕方をしっかりと学んでいきましょう。

 

問題点抽出には統合と解釈も理解しておくと良いです。

 

 

統合と解釈についてはこちらをご確認ください。

 

>>>簡単に統合と解釈が書ける!その書き方とコツ

 

スポンサー リンク

 

本当に問題点?問題点をうまく抽出する方法

 

炎症や痛みなどは確かに動作の阻害因子になりますし、ADLにも影響を与えます。

 

 

しかし、それって本当に問題点でしょうか?

 

ある患者さんが大腿骨頸部骨折を呈し、人工骨頭置換術を実施したとしましょう。

 

当然、痛みと炎症反応があり、歩行はおろか立ち上がりや移乗動作もままならないと思います。

 

 

そこで問題点抽出として

 

  • 術創部の痛み
  • 大腿外側面の炎症
  • 股関節の可動域制限

 

が原因である。

 

と、問題点を挙げたとしましょう。

 

 

 

しかし、よく考えるとこんなの当たり前ではありませんか?

 

手術をして、骨を切り取って人工骨頭をはめ込んでるんです。

 

当然皮膚も切っていますし、痛みや炎症が出てくるのは人間の反応として当然であると考えられます。

 

 

むしろ、術後すぐに痛みや炎症が出ていない方が問題ですよ。

 

そして、その疼痛や炎症が出ているのは『手術』という治療を行ったからであるわけで、疼痛や炎症が問題だ!と言ってしまうとその手術自体が問題だ!ということになりかねません。

 

と、いうことはこの場合、疼痛と炎症は問題ではありませんよね。

 

何か別の問題が隠されているはずです。

 

 

問題点を抽出するには相手の生活を考えること

 

大腿骨頸部骨折において、股関節屈曲角度が60度から100度まで改善したとしましょう。

 

『100度も曲がるようになった!』これってすごい事ですよね。

 

では、これで問題はないのでしょうか?

 

股関節が100度も曲がれば、ある程度の生活は確保できるわけで、特に問題にはならないかもしれません。

 

 

では、その人の家のトイレが和式トイレだったらどうでしょう。

 

股関節屈曲角度が100度では足りませんよね。

 

そうなると

 

股関節屈曲角度が100度という結果が

 

『100度も曲がる』から『100度しか曲がらない』に掌返しされます。

 

そう、問題点とは『評価結果』のみで判断するのでなく、患者の生活から考えていかなければなりません。

 

関連記事>>>トイレ動作を自立したい!トイレに一人で行くために必要な能力と情報を集めよう。

 

 

では、ちょっとここで例題を出してみましょう。

 

 

例題:患者が屋外歩行で500m自立できる場合、活動範囲はどこまでになるか?

 

ここで考えて欲しいのは『患者が500m自立歩行できる』というところです。

 

『1000m』でも『500m以上』でもなく『500m』です。

 

この場合、患者の連続歩行が可能な距離は500mとなるので、家から離れた500m先のスーパーに行ける。

 

 

 

 

そう、考えてはいけません。

 

 

500mしか歩けない人に500m先のスーパーに行かせてどうしろと?

 

 

スーパーについた瞬間、ヘトヘトになり、とても買い物どころではありませんし、帰ってくるのも難しいですよね。

 

となると、『屋外を500mも自立して歩ける』という評価が一転、『屋外を500mしか歩けない』という評価になります。

 

 

ここで分かってほしいのは、患者の能力がどうか?という事でなく、その能力が患者の生活範囲に適応するか?ということです。

 

もしも患者の能力を上げられても、それが患者の生活に適さなければ、それは問題です。

 

 

もっと言うと、痛みなく5km走る患者さんの職業が『マラソン選手』だった場合、5km走れようが10km走れようが、それは問題点となります。

 

42.195km走れなければいけませんからね。

 

 

 

その問題点で大丈夫?実習でレポートを上手く書くコツ

 

たとえば、問題点として『筋力低下』と上げたとしましょう。

 

しかし、その患者さんの疾患が『筋ジストロフィー』だったら?

 

 

進行性の筋力低下が起こる疾患に対して『筋力低下』を問題としてあげることが、果たして適切でしょうか?

アルツハイマー型認知症の患者に対し、『HDS‐Rの低下』を問題点として挙げて、それは適切でしょうか?

 

 

それを問題点に挙げたということは、それが改善されれば生活は改善する、ということですよね。

 

では、あなたに筋ジストロフィーの筋力低下や、アルツハイマー型認知症の認知機能低下を食い止め、改善させることができますか?

 

もし出来るのであれば、問題点として抽出すべきです。

 

もしできないのであれば、また別の問題点を挙げるべきだと思いますよ。

 

 

 

患者はあなたのモルモットではない。しっかりと現実を見よう

患者の問題点抽出に非現実的なものを挙げてはいけません。

 

 

99歳、廃用症候群の男性に対し『体力低下』

指が欠損している人に『握力が低下』

 

 

確かに問題点として挙げたくなる気持ちもわかりますが、それを挙げたところでどうすればいいのですか?治療プログラムは?

 

 

患者は必死に自分の現状を受け入れ、受容し、生活していこうと考えています。

 

あなたも、患者に対し現実的な観点から治療プログラムを考えてください。

 

 

 

私の失敗談

私が学生の頃、実習で脳梗塞左片麻痺の患者さんを見ました。

 

支柱付き長下肢装具を使用し、なんとか歩ける方だったのですが、介入中にこのようなことを聞かれます。

 

『これ(運動麻痺)って良くなりますかねぇ。

 

それに対し、私は答えます。

 

『はい、治ります。

 

私は患者にがっかりさせてはいけないと思った事と、自分を奮い立たせるためにこのような発言をしました。

 

 

 

結果、学校の先生と指導者に厳重注意をうけることになります。

 

出来もしないことを言うな!と。

 

私からすれば、患者にがっかりさせたくないいう思いでいったのですが、それをもしも真に受けた患者が実際に治らなかったらどう思うか。

 

その点が抜けていました。

 

結局、運動麻痺は改善していくのですが、病前と同じようには戻りません。

 

 

このように、『自分が改善させたいこと』と『実際に出来ること』では大きな差があることを理解しておかなければなりません。

 

 

『これ(運動麻痺)って良くなりますかねぇ。

 

というような質問をされたら

 

『私には分かりかねます』

 

とはっきり言うか、『受傷から6ヶ月までは改善の見込みがあると文献に載ってました』と答えるとよいと思います。

 

この場合、改善するか分からないのは本当ですし、文献に載っているのも本当です。

 

根拠のない回答は、控えておいた方がいいでしょう。

 

 

 

さいごに:問題点は患者の生活から考える

 

問題点は抽出しようと思えばいくらでも立てることができます。

 

しかし、それが本当に患者の為になる問題点かどうかは改めて考えなければなりません。

 

  • 患者の生活に対し、患者の能力は適応しているか
  • その問題点は改善できる問題か

 

この2つを覚えておき、この2つの観点から問題点を立てていきましょう。

 

そのうえで、どの問題点を早急に改善させなければならないのか考え、緊急性のあるものを治療プラグラムに落とし込んでいきましょう。

 

それが、患者にとって最もありがたいことだと思います。

 

 

次の記事へ>>>【実習レポート】簡単に考察が書ける!その書き方とコツ

 

 

 

Comment





   

profilephoto

Profile

PT/OT人材バンク

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

スポンサーリンク

-message-

-compliance-

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    管理人
  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    のの
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ちー
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    管理人
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    のの

Search

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
スマホ版に切り替え