【2020】第55回|理学療法士国家試験対策!

>>>勉強の仕方や合格の秘訣はこちらへ⇒

【転職/就職】仕事の不安にアプローチします!>

>>>理学療法士の残業ゼロ生活>>>

PT/OT人材バンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

血圧測定は毎回のリハビリ介入時に実施していると思いますが、血圧単位は知っていますか?

 

そう、『mmHg』ですよね。

 

 

では、そもそもmmHgって何のことでしょうか?

 

正確に答えられる学生さんならびにセラピストはいるでしょうか。

 

 

いつも何気なく使っているこの単位、そこには深い理由があるのです。

 

もしも『そんなの知ってるよ』という方が居たらさらに考えてください。

 

 

なぜ『mmHg』なのでしょうか。

 

 

  • 『cmHg』じゃだめなの?
  • 『mmH2O』じゃだめなの?

 

 

医療現場のなぜ?を知ると、もっと勉強が面白くなるかもしれません。

 

 

 

それ以前に血圧の正しい測定方法が知りたい!という方はこちらの記事にまず目を通すといいと思います。

 

関連記事>>>バイタルサインの異常を見逃すな!リハビリでの正しい血圧の測り方

 

 

血圧の単位『mmHg』の読み方

 

そもそもmmHgとはどう読むのでしょうか。

 

 

mmは『ミリメートル』で、距離の単位ですよね。

 

ではHgは?

 

 

Hgは『エイチジー』と、そのまま読みます。

 

 

 

mmHgのHgってなに?

 

では、Hgとは何のことかというと、元素記号のHgである『水銀』のことです。

 

 

そもそも、医療現場では水銀はよく使われていました。

 

  • 体温計
  • 血圧計
  • 医療用電球
  • 蛍光灯
  • プロジェクター用ライト
  • 湿度計
  • 真空計

 

 

 

血圧140/100mmHgの意味は?

 

mmHgはmmが距離(長さ)の単位で、Hgが水銀であるということがわかりましたね。

 

では、血圧が140/100mmHgの人ってどういうことなんだろう?ということを説明します。

 

 

主に、140の部分を『上の血圧』といいますよね。

 

これを医療用語で『収縮期血圧』といい、心臓が収縮した時に血液がドバっと血管に流れるのですが、その時に血管にかかる圧力のことを指します。

 

 

100の部分を『下の血圧』といい、これを『拡張期血圧』といいます。

 

心臓が収縮し、血液を排出したあとに心臓に血液を入れるために心臓が膨らむのですが、その時の血管にかかっている圧力のことです。

 

 

 

関連記事>>>【血圧の基礎】正常範囲と年代別の平均値

 

 

つまり、140mmHgとは、水銀を140mm(14cm)押し上げる程度の圧力。

ということになります。

 

 

 

なぜ血圧計に水銀が使われているのか?

 

では、なぜ水銀が使われるのでしょうか?

 

 

水(H2O)ではダメなのでしょうか。

 

 

その答えは、水銀の比重にあります。

 

水銀は、液体の中で最も比重が重いです。

 

 

 

水の比重は1ですよね。

 

では水銀はいくつか?というと、13.6もあります。

 

水の13.6倍も重いのです。

 

 

これがポイントとなっているのですね。

 

 

例えば、血圧が100mmHgだったとしましょう。

 

 

 

これは水銀を100mm押し上げる力です。

 

これを水でやろうとすると、水銀は水の13.6倍の比重だったので、13.6倍してあげればよいのです。

もしこの血圧を水で測ると、100mm×13.6ですので、実に1360mm、1.36m(メートル)もの高さの血圧計が必要になってしまいます。

 

 

 

これでは到底持ち運べないですし、計るのにも一苦労ですよね。

 

可能な限り血圧計をコンパクトにしたいという思いから、水銀が使われるようになったのです。

(諸説あり)

 

 

もちろん、細かい単位での計測が必要だったので、cmでなくmmが使用されています。

 

13/7cmHgや13.4/7.6cmHgと表記されても良くわかりません。

 

 

やはり134/76mmHgの方が比較しやすいですよね。

 

 

 

さいごに:医療現場で使う単位の意味をしっかり学んでおこう

医療現場では様々な単位が使用されます。

 

  • mmHg
  • MHz
  • sec
  • min
  • dig/sec
  • kcal

 

それらを全て覚える必要はありませんが、頻繁に使うものは知っておきましょう。

 

 

もし、患者さんに『mmHgってなんですか?』と聞かれた時に、すぐ答えられたほうが信頼性もあがりますよ。

 

 

次の記事へ>>>高血圧症患者へのリハビリと注意点

 

 

Comment





   

profilephoto

Profile

PT/OT人材バンク

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

スポンサーリンク

-message-

-compliance-

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    管理人
  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    のの
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ちー
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    管理人
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    のの

Search

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
スマホ版に切り替え