【2020】第55回|理学療法士国家試験対策!

>>>勉強の仕方や合格の秘訣はこちらへ⇒

【転職/就職】仕事の不安にアプローチします!>

>>>理学療法士の残業ゼロ生活>>>

PT/OT人材バンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート

 

我々は学校で勉強をしてきて、今に至ります。

 

 

  • 中学
  • 高校
  • 大学
  • 専門学校
  • 大学院

 

 

などで沢山勉強してきましたよね。

 

でも、資格を取ったり就職をしたら、それで勉強をしなくても言い訳ではありません。

 

社会人になっても、日々勉強に励まなければなりません。

 

 

 

 

でも、自分1人ではなかなか勉強はできないもの。しかし、誰かと一緒ならできるものです。

 

周りに人が居た方がやる気も出ますし、なにより集中できる気がしませんか?これって学校の授業に通ずるものですよね。

 

 

と、いう訳で家でなかなか勉強ができない人におすすめしたいのが勉強会への参加です。

 

 

  • 興味のある分野
  • 興味のある講師
  • 興味のある技術

 

 

そういったものを狙って勉強会に積極的に参加しましょう。

 

 

 

しかし、その勉強会をどうやって選ぼうか悩むところでもあります。

 

今回は勉強会の選び方と、勉強会に参加することで得られるメリットを挙げていきます。

 

 

 

病院で働く人も、そうでない社会人の方にもお伝えできる内容になっています。

 

 

 

 

 

社内勉強会と社外勉強会の違いとは?

 

基本的に勉強会といえば

 

 

  • 社内で総務課などが率先して実施する勉強会(研修会)
  • 社外でその道のスペシャリストが実施する勉強会(講習会)

 

 

に分かれます。

 

 

 

 

社内勉強会の特徴

 

 

 

『社内勉強会』とは、自分が所属している病院や会社の中で発信する勉強会のことです。会社のくくりでなく、課内や部門で分かれて開かれるものも多いです。

 

社内勉強会は、今現在、その病院や会社、あなたの所属している課(科)に必要であろうカテゴリーでの勉強会になりますので、効果の即効性があります。

 

 

 

 

【例】

  • 新人に向けたビジネスマナー
  • 書類の書き方
  • 今起こっている問題解決

 

 

このように今、その病院や会社が必要であると判断された内容がタイムリーに学べます。

 

 

逆に悪い所といえば『講師がいない』という所です。

 

会社の中での勉強会は、おもに講師は会社の中のそこそこ偉い人が請け負うものと考えます。病院でいえば、専門科の先生や、私の先輩にあたる理学療法士の方です。

 

 

 

私も勉強会と称してスタッフの前で発表したことがありますし、地域の一般人の方をお招きして医学講和というものを開いたこともあります。

 

 

と、いう事はその勉強会を開く人間は『院内の人間』ということになりますよね。

 

このような会社の中での勉強会、いわゆる研修会は為になることが多いのですが、なかなか真面目に受けられないという特徴があります。

 

 

例えば、学校の授業を受けようとして出てきた人間が同じ中学の同級生、または先輩だったとしましょう。

果たしてその授業、真面目に受けることができるでしょうか。

 

 

顔見知りが相手だと、どこか気が抜けてしまうことも多いと思います。院内勉強会のデメリットはそれです。

 

講師が顔見知りということ、そして、その講師はあくまでも会社の先輩や上司であり『講演のプロではない』ということです。

 

 

 

その先輩が年に何回か外部で講演をしているなら別ですけどね。

 

 

 

 

 

社外勉強会の特徴

 

そして、『社外の勉強会』は、自分が所属している会社以外の会社・大学・法人・協会など、外部の人間が発信している勉強会です。

 

 

 

我々にとって有名なのは『理学療法士協会』で、様々な場所で勉強会を開催しております。他にも、医療法人や個別企業などが開催している場合もあります。

 

 

この勉強会は『自分で選ぶ』事が可能ですので、自分の目的に合った勉強会に参加することができるので、モチベーションが違います。

 

 

 

選ぶポイントは

 

 

  • 講義内容
  • 講師
  • 場所
  • 金額
  • 受講時間

 

 

で選んでも良いでしょう。 外部の勉強会は自分で好きなものを選ぶことができます。

 

しかし、外部の勉強会に参加するには、『自分の弱点』を知っておかねばなりません。

 

 

 

自分の知りたいことや学びたいことが明確でなければ、なかなか選ぶ事は困難かと思います。

 

 

 

勉強会は院外のものに参加しよう

 

基本的に勉強会はどちらに参加しても問題ないです。どちらも自分のスキルアップに繋がりますしね。

 

しかし、外部の勉強会はお金がかかる場合がほとんどであり、だいたい2000円〜10000円前後が多いです。

 

 

 

高い物であれば数万円〜10万円以上かかるものもあります。

 

講習時間は半日〜2日、長ければ数日に渡るものもありますので、自分の休みに応じて参加しても良いと思います。

 

 

 

 

私は連休を取るのがなかなか大変なので、2日連続(主に土・日)の勉強会には参加しにくい場合が多いですね。

 

もし参加したい場合は、1か月以上前に休み希望を出して置く必要があるので非常に面倒です。

しかも公休でなく、有給になります。

 

 

しかし、病院や会社によってはその勉強会に参加するのに受講料を出してくれたり休みを特別にくれたりします。

 

そんな病院も最近は多いので、勉強会に参加するときは是非上司に相談してみましょう。

 

 

 

 

ただし、その勉強会の費用を出してもらった場合、その勉強会で学んだことを他のスタッフに伝える『伝達講習』が必要になる場合がほとんどです。

 

伝達講習は、あなたが学んだことを同僚に向けてあなたが講師として発表する場です。

会社はあなたに対してお金と休みを与えているので、それは当然と言えましょう。

 

 

ちなみに、私の病院にもそのようなシステムはありますが私は病院にお金を出してもらったことはありません。

 

 

 

伝達講習をする時間がないからです。

 

 

それに比べ、会社が主催する勉強会は基本的に無料であり、時間も30分〜3時間程度で終わる場合がほとんどですね。

 

短時間の勉強会であれば、昼休みや業務時間外を利用して実施します。

 

2時間以上の勉強会の場合、午後の仕事時間に実施することが多いです。会社によっては、休日に出勤させて実施する場合もあるようです。

 

 

 

 

まぁ手軽なのが『院内』、時間とお金がかかるのが『院外』となるイメージですかね。

 

 

 

 

 

おススメは外部の勉強会への参加

 

勉強会にいくつか参加している私がおすすめするのは『外部の勉強会』です。

 

外部の勉強会の講師は、その道のスペシャリストであり、何らかの肩書きがあります。(認定療法士だったり、大学の教授だったり、代表であったり。)

 

 

そのような人の話を聞く機会というのはなかなかないので、ここは外部をお勧めします。

 

 

教科書や指導書に載っていないことや、その講師がいままで研究してきた内容なんかもここで知る事が出来ます。

 

 

 

しかも、実技講習があった場合、その講師のスキルをそのまま体験できたりするので非常にお得です。

 

金額はかかりますが、それを出す価値がある!と自分が思えば参加するべきです。

 

しかし、お金は有限なので、私は『1回の講習が6000円以内、月に1度以内』と決めています。

 

 

 

 

そうしなければ結構大変ですよ。

 

休みもつぶれますしね。

 

 

 

 

 

勉強会に参加するメリットは知識の向上だけにあらず

 

勉強会はただ単に『知識』を得る為だけではありません。勉強会に参加する事で『自信』に繋がります。

 

いま、仕事の事で悩んでいませんか?

 

自分の技術不足や、認識不足で、十分な効果を出せていない場合、落ち込むことが多いです。

 

でも、それを先輩にうまく相談できない場合もあるでしょうし、相談したとしても『そのままで大丈夫だよ』といわれるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、本当に大丈夫なのかな…と思います。

 

 

先輩や上司を信用していないわけではないのですが、なんとなく心配になりませんか?

 

やはり身近な人間の言葉は疑ってしまう傾向にあるんですよね。

 

身近すぎて疑わしい、というか。

 

 

 

 

かえって自分のことを知らない人間の方を信用してしまうものなんですね。

 

 

しかし、それはあたりまえのことです。なぜなら、その先輩や周囲の人間に『肩書き』がないから。

 

我々は人間ですから、やっぱりその道のプロに話を聞いてもらったりすると安心するのです。

 

プロの言葉、その道で成功を収めている人の言葉は重みがあります。

 

 

 

 

その言葉を聞きたい。先輩のアドバイスでなく、もっと自分の為になる重い言葉を。

 

 

そこで勉強会への参加です。

 

 

自分の考えていた治療法とその勉強会で学んだことが少しでも一致していれば自信に繋がりますし、もし違っていたとしてもその勉強会で得た知識を臨床に応用することで新たな道が切り開けるかもしれません。

 

 

 

自分の治療法に限界を感じたり、自信をなくしたときはぜひ勉強会に参加し、その道のプロの話を聞くことは非常に有利に働きます。

 

自信を無くしたときこそ、ぜひ勉強会に参加してみてください。

 

 

まとめ:勉強会に参加すると自信になり、さらに向上心が増す

 

勉強会に参加する事でいままでの常識が覆されたり、自分の考えがさらに深まったりと色々なメリットがあります。

 

その中で最もよい効果はやはり『自分の自信』に繋がる。というところでしょうか。

 

 

 

勉強会に行って知識が付けば、おのずと仕事にも積極的に取り組めるようになります。

 

可能であれば、できるだけ肩書きの強い人の所や、専門分野の色濃い人の所に行き、自分のスキルを上げていきましょう。

 

そして、いつか自分自身も、そのような講習会を開けるようになっていきたいものです。

 

 

 

 

私は今、そこを目指しています。何人もの後輩が私の話を『お金と時間を割いて聞きに来る』

 

これって結構すごいことだと思いませんか?

 

いつかそうなれるよう今でも院外の勉強会や講習会に参加しております。

 

 

まずは認定理学療法士を取りたいな。と思って日々精進しているところです。

 

 

 

 

【おすすめ勉強書籍】

この手の本はいくつか読みましたが、働く人は必読です。

  • 人生100年の時代であり、学生の頃の勉強で一生生きられるわけではない。
  • 学生時代の勉強法child education→大人の勉強法adult learningへ
  • 仕事や稼ぎにつながるレベルの「体系の理解」「本質の理解」まで勉強を。

非常に気づかされることが多い書籍ですね。

 

 

 

よりよい職場でよりよいPT生活を!失敗しない転職活動をしよう!

 

 

理学療法士の半数が転職経験があるそうです。

 

理学療法士の転職理由は

 

  • 給料の高いところ
  • 残業の少ないところ
  • 休日が多いところ
  • 人間関係が良いところ
  • やりたい分野の職場

 

 

に勤めたいという動機が多いようです。

 

 

 

実はリハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリット!

 

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

 

 

実際に理想の働き方を実現するために、多くの理学療法士は職場環境を変えています。

 

もちろん環境を変えれば、これまで築き上げた信頼や、仕事のコツも積み上げていく必要があります。

 

それでも今の職場より可能性があると感じたから転職する理学療法士が増えてきています。

 

 

 

転職は何度もするものではありません。

 

そのため、できれば1回の転職で良い職場にたどり着きたいですよね。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロが

 

  1. 求人の紹介
  2. 面接や履歴書のアドバイス
  3. アフターフォロー

 

までしてくれるので安心して転職活動を進めることができます。

 

 

 

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っているので、1人で転職活動をするより多くの情報を得ることができます。 

 

そのため、複数の転職サイトに登録しておけば、よりよい求人に巡り合うチャンスがあるというわけですね!

 

 

 

▼転職を考える理学療法士におすすめの転職サイト▼

 

 

 

マイナビコメディカル の利用者満足度は業界NO.1!

 

質の高いエージェントと、圧倒的な情報力で求人定着率もかなり高いです。

 

まずは、マイナビコメディカル に登録しておくといいでしょう。

 

 

 

 

PT/OT人材バンク

 

 

PTOT人材バンクは、年間の利用者が10000人を超える最大級の転職サイトです。

 

非公開求人も多く、転職先として考える選択肢も豊富!

 

対応も早く、年収を上げたい!休みが欲しい!などの希望に合った求人を提供してくれます。

 

 

 

 

Comment





   

profilephoto

Profile

PT/OT人材バンク

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

スポンサーリンク

-message-

-compliance-

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    管理人
  • 理学療法士の国家試験に受かった!合格したらすぐにするべき事
    のの
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ちー
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    管理人
  • 1月の模試で123点!二月の理学療法士国家試験は受かるのか?
    ねこねこ
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    管理人
  • 国家試験の勉強で効率よく点数を上げる集団勉強のやり方!
    のの

Search

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
スマホ版に切り替え